メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  PCIでのIMPELLA使用が重篤な合併症と関連

PCIでのIMPELLA使用が重篤な合併症と関連

2019年12月04日 17:20

41名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images Paul Campbell ※画像はイメージです

 重症度が高い患者に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)では施術中にしばしば機械的循環補助(MCS)を使用する。米・Washington UniversityのAmit P. Amin氏らによるMCS下でPCIを受けた患者約4万8,000例のデータ解析の結果、心内留置型軸流ポンプカテーテル(IMPELLA)の使用は従来の大動脈内バルーンパンピング(IABP)法と比べ、重篤合併症の増大と関連することが示唆された。詳細は、米国心臓協会学術集会(AHA 2019、11月16~18日、フィラデルフィア)で発表、Circulation(2019年11月17日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  PCIでのIMPELLA使用が重篤な合併症と関連