メニューを開く 検索を開く ログイン

PCIでのIMPELLA使用が重篤な合併症と関連

 2019年12月04日 17:20
プッシュ通知を受取る

37名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Paul Campbell ※画像はイメージです

 重症度が高い患者に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)では施術中にしばしば機械的循環補助(MCS)を使用する。米・Washington UniversityのAmit P. Amin氏らによるMCS下でPCIを受けた患者約4万8,000例のデータ解析の結果、心内留置型軸流ポンプカテーテル(IMPELLA)の使用は従来の大動脈内バルーンパンピング(IABP)法と比べ、重篤合併症の増大と関連することが示唆された。詳細は、米国心臓協会学術集会(AHA 2019、11月16~18日、フィラデルフィア)で発表、Circulation(2019年11月17日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  PCIでのIMPELLA使用が重篤な合併症と関連

error in template: found but mtif was expected