メニューを開く 検索を開く ログイン

COPDでは握力が全身筋量や認知機能と関連

 2019年12月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 中国人男性の安定期慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者を対象とした研究で、握力は全身の筋量や呼吸機能などと関連することが報告されている。長生堂渡辺医院(佐賀県)の日髙晴菜氏らは「日本人男性COPD患者においても、握力は全身の筋力や筋量に加え、認知機能と関連することが認められた」と第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(11月11~12日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPDでは握力が全身筋量や認知機能と関連

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04522629 有効期限:4月末まで