メニューを開く 検索を開く ログイン

COPDでは握力が全身筋量や認知機能と関連

 2019年12月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 中国人男性の安定期慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者を対象とした研究で、握力は全身の筋量や呼吸機能などと関連することが報告されている。長生堂渡辺医院(佐賀県)の日髙晴菜氏らは「日本人男性COPD患者においても、握力は全身の筋力や筋量に加え、認知機能と関連することが認められた」と第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(11月11~12日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPDでは握力が全身筋量や認知機能と関連

error in template: found but mtif was expected