メニューを開く 検索を開く ログイン

食物アレルギーの根本治療薬が第Ⅱ相で好成績

 2019年12月05日 18:25
プッシュ通知を受取る

131名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 インターロイキン(IL)-33は免疫応答に関与する分子であり、アレルギー性疾患患者で発現上昇が認められる。米・Stanford UniversityのSharon Chinthrajah氏らは、IL-33のモノクローナル抗体製剤etokimabの第Ⅱa相のランダム化比較試験(RCT)において、etokimabの注射を1回受けた重度のピーナツアレルギー患者は、2週間後に少量のピーナツ蛋白質を摂取することができたとJCI Insight2019; 4: 131347)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  食物アレルギーの根本治療薬が第Ⅱ相で好成績

error in template: found but mtif was expected