メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  non-HDL-C高値は45歳未満でも要注意

non-HDL-C高値は45歳未満でも要注意

約40万例の長期観察研究

2019年12月06日 05:00

31名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 45歳未満の若年者は高齢者と比べ75歳までに心血管疾患(CVD)を発症するリスクが高いが、その一方で、non-HDLコレステロール(non-HDL-C)値を50%低下させた場合のリスク低下幅は大きい。ドイツ・University Heart & Vascular Center HamburgのFabian J. Brunner氏らは、1970~2013年に19カ国約40万例を最長で43.5年追跡した結果をLancet2019年12月3日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  non-HDL-C高値は45歳未満でも要注意