メニューを開く 検索を開く ログイン

non-HDL-C高値は45歳未満でも要注意

約40万例の長期観察研究

 2019年12月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

30名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 45歳未満の若年者は高齢者と比べ75歳までに心血管疾患(CVD)を発症するリスクが高いが、その一方で、non-HDLコレステロール(non-HDL-C)値を50%低下させた場合のリスク低下幅は大きい。ドイツ・University Heart & Vascular Center HamburgのFabian J. Brunner氏らは、1970~2013年に19カ国約40万例を最長で43.5年追跡した結果をLancet2019年12月3日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  non-HDL-C高値は45歳未満でも要注意

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03522863 有効期限:3月末まで