.
メニューを開く 検索を開く ログイン

入院中に蘇生措置希望から不要へ

非がん性呼吸器疾患の緩和ケアに対する患者調査

 2019年12月09日 11:30
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)のような非がん性呼吸器疾患では、がんのように一律的な緩和ケアの考え方が普及していない。聖路加国際病院(東京都)呼吸器センター呼吸器内科医長の西村直樹氏らは、非がん性呼吸器疾患患者の緩和ケアに対する意識調査を実施。その結果、入院時には蘇生措置を希望しながら入院中に不要を申し出るケースが多く、同氏は「非がん性呼吸器疾患に対する緩和ケア体制の整備が急務である」と第29回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(11月11~12日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暖冬による影響は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  入院中に蘇生措置希望から不要へ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01522973 有効期限:1月末まで