メニューを開く 検索を開く ログイン

PCIとCABGの5年成績は同等

左冠動脈主幹部病変約2,000例のEXCEL試験

 2019年12月09日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Icahn School of Medicine at Mount SinaiのGregg W. Stone氏らは、左冠動脈主幹部(LMT)病変を有する患者を対象に、現行の薬剤溶出ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と冠動脈バイパス術(CABG)の長期予後をランダム化比較試験(RCT)EXCELで検討。その結果、5年時点の全死亡、脳卒中、心筋梗塞の複合イベント発生率に差はなかったとN Engl J Med2019; 381: 1820-1830)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本の緊急事態宣言の効果は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  PCIとCABGの5年成績は同等

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04522980 有効期限:4月末まで