メニューを開く 検索 ログイン

高濃度乳腺、追加MRIでがん早期発見

オランダ・多施設共同RCT

2019年12月11日 17:24

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 オランダの乳がん検診受診者約4万人を対象にした多施設共同ランダム化比較試験(RCT)の結果、極度の高濃度乳腺(デンスブレスト)を有するがマンモグラフィで正常と判定された女性への追加MRIスクリーニングにより、マンモグラフィ単独検診に比べて2年のスクリーニング期間中の中間期乳がん診断率が有意に低下した。オランダ・Utrecht UniversityのM.F. Bakker氏らが、N Engl J Med2019; 381: 2091-2102)に発表した(関連記事「高濃度乳房で対側乳がん発症リスクが2倍に」、【キーワード】デンスブレスト(Dense Breast)、「世界初・日本発、乳がん検診の大規模RCT」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  高濃度乳腺、追加MRIでがん早期発見