メニューを開く 検索を開く ログイン

「メトホルミンから発がん物質」で対応指示

厚労省、日本糖尿病学会「服用を中止しないで」

 2019年12月11日 16:58
プッシュ通知を受取る

90名の先生が役に立ったと考えています。

 シンガポールで、メトホルミン含有製剤から発がん物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出された。現時点で国内の同製剤からNDMAは検出されていない。厚生労働省、日本糖尿病学会は医療機関に対して、患者から相談を受けた場合は服用を中止しないよう回答することを求めている。(関連記事「厚労省も見解、回収したARBの発がん性」「発がん物質検出でニザチジンも自主回収」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  安全性情報 »  「メトホルミンから発がん物質」で対応指示

error in template: found but mtif was expected