メニューを開く 検索 ログイン

「メトホルミンから発がん物質」で対応指示

厚労省、日本糖尿病学会「服用を中止しないで」

2019年12月11日 16:58

90名の医師が参考になったと回答 

 シンガポールで、メトホルミン含有製剤から発がん物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出された。現時点で国内の同製剤からNDMAは検出されていない。厚生労働省、日本糖尿病学会は医療機関に対して、患者から相談を受けた場合は服用を中止しないよう回答することを求めている。(関連記事「厚労省も見解、回収したARBの発がん性」「発がん物質検出でニザチジンも自主回収」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  安全性情報 »  「メトホルミンから発がん物質」で対応指示

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD523230 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外