メニューを開く 検索を開く ログイン

新規HER2阻害薬で難治性乳がんの予後改善

3種類のHER2標的薬による既治療例へのtucatinib

 2019年12月12日 19:41
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 Tucatinibは、HER2受容体に対する高い選択性を示す新規HER2阻害薬である。第42回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS 2019、12月10~14日、米・サンアントニオ)では、米・M.D. Anderson Cancer CenterのRashmi K. Murthy氏が3種類のHER2標的薬の治療歴を有するHER2陽性進行乳がん患者(脳転移例を含む)を対象に、抗HER2抗体トラスツズマブ+カペシタビン併用療法へのtucatinib追加投与の有効性および安全性を検証した国際二重盲検プラセボ対照第Ⅱ相ランダム化比較試験HER2CLIMBの結果を発表。tucatinib追加投与により、無増悪生存期間(PFS)および全生存期間(OS)が有意に延長したことが示された。詳細はN Engl J Med2019年12月11日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本医師会幹部、都市封鎖を示唆。

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新規HER2阻害薬で難治性乳がんの予後改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04523248 有効期限:4月末まで