メニューを開く 検索を開く ログイン

PSMA標的療法はmCRPC治療の福音となるか

 2019年12月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺特異的膜抗原(PSMA)は、前立腺がん細胞の表面に高発現を認める蛋白質である。このPSMAを標的とした診断(PSMA PET)や治療(PSMA標的療法)が、難治性の転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)治療において画期的な有効性を示しており、国際的に主要な検査・治療法となりつつある。しかし、日本ではPSMA PET、PSMA標的療法いずれもが未承認である。前立腺がん患者・家族の会「腺友倶楽部」主催によるMo-FESTA CANCER FORUM(男性がん総合フォーラム、11月24日)では、セラノスティクス横浜代表理事・馬車道さくらクリニック院長の車英俊氏がPSMA PETおよびPSMA標的療法について解説するとともに、海外の医療機関と連携した取り組みおよび治療成績について報告した(関連記事『被爆がなく安価な「DWIBS法」で全身がん検査』「前立腺がん治療のupdate」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  PSMA標的療法はmCRPC治療の福音となるか

error in template: found but mtif was expected