メニューを開く 検索を開く ログイン

DOACによる認知症予防効果の検証開始

心房細動の多施設共同研究Strawberryが進行中

 2019年12月13日 18:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 心房細動(AF)治療では、心原性脳塞栓症の予防目的でワルファリンや直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)を用いた抗凝固療法が行われる。しかし、AFに合併した認知症に抗凝固薬が及ぼす影響は十分に検討されていない。そこで国立長寿医療研究センターもの忘れセンターでは、認知症に関する多施設共同研究オレンジレジストリの枠組みを応用し、AF患者への抗凝固薬投与と認知機能の関係を調べるStrawberry Studyを実施している。同センター副センター長の佐治直樹氏は第40回日本臨床薬理学会(12月4〜6日)で、同研究の概要と今後の展望について発表した。(関連記事:「心房細動では認知症予防もお忘れなく」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  DOACによる認知症予防効果の検証開始