メニューを開く 検索を開く ログイン

朝食から夕食までを10時間以内に

メタボ患者の代謝・血圧管理でベネフィット

 2019年12月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images CreativaImages ※画像はイメージです

 米・University of California, San DiegoのPam R. Taub氏らは、メタボリックシンドローム(Mets)患者において毎日の摂食時間枠を10時間以内に収める時間制限食事法(10 hour time-restricted eating:例えば午前8時に最初の食事を取った場合、その日の食事は午後6時までに済ませ、14時間以上の絶食時間をつくる)により、体重減少と降圧、インスリン濃度の安定が認められたとするパイロット研究の結果をCell Metab(2019年12月2日オンライン版)に発表した。(関連記事:「絶食時間を長くすると食欲が低下」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  朝食から夕食までを10時間以内に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04523242 有効期限:4月末まで