メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  朝食から夕食までを10時間以内に

朝食から夕食までを10時間以内に

メタボ患者の代謝・血圧管理でベネフィット

2019年12月14日 05:00

28名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images CreativaImages ※画像はイメージです

 米・University of California, San DiegoのPam R. Taub氏らは、メタボリックシンドローム(Mets)患者において毎日の摂食時間枠を10時間以内に収める時間制限食事法(10 hour time-restricted eating:例えば午前8時に最初の食事を取った場合、その日の食事は午後6時までに済ませ、14時間以上の絶食時間をつくる)により、体重減少と降圧、インスリン濃度の安定が認められたとするパイロット研究の結果をCell Metab(2019年12月2日オンライン版)に発表した。(関連記事:「絶食時間を長くすると食欲が低下」

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  朝食から夕食までを10時間以内に