メニューを開く 検索を開く ログイン

薬剤耐性菌で年8,000例超が死亡

 2019年12月17日 17:35
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 薬剤耐性(AMR)は世界的な課題であり、日本でもAMRによる被害が深刻化している。国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター主任研究員の都築慎也氏らは、AMR菌の中でも高頻度なメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)およびフルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)について、国内におけるそれらの菌血症による死亡者数を検討。その結果、両者の菌血症による死亡者数は年間約8,000例に上ることが明らかになったとJ Infect Chemother2019年12月1日オンライン版)に発表した。日本におけるAMR菌による死亡者数を全国規模で調査した研究は、今回が初となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  薬剤耐性菌で年8,000例超が死亡