メニューを開く 検索を開く ログイン

ω-3脂肪酸によるうつ病治療の最前線

国立がん研究センター・松岡豊氏が解説

 2019年12月18日 05:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 青魚に多く含まれ、摂取することでさまざまな疾患の予防や改善に有効とされるω-3脂肪酸。エビデンスの蓄積に伴い注目度が高まる中、第26回日本行動医学会(12月6〜7日)では「食・栄養から考えるメンタルヘルス」と題されたシンポジウムが開催された(関連記事『妊婦の抑うつ症状にω-3脂肪酸は有効か』)。長年にわたりω-3脂肪酸を中心とした食事・栄養による身体疾患へのアプローチに取り組んできた、国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊氏は、うつ病診療におけるω-3脂肪酸使用に関するガイドライン(GL)を紹介、今後の方向性と課題についても解説した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ω-3脂肪酸によるうつ病治療の最前線