メニューを開く 検索を開く ログイン

息子と違う!搬送に付き添った母が処置後に発言

 2019年12月19日 05:10
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

 痙攣重積により搬送された男性救急患者に付き添った女性が、実際は隣家に住む別の男性の母親であったというにわかに信じがたい事例が、第47回日本救急医学会(10月2~4日)で報告された。病院到着から170分後、母親が違和感を覚えたことから、救急患者が息子ではないことが発覚したという。事例を報告した市立島田市民病院(静岡県)救急科主任部長の松岡良太氏は「家族の見誤りは発見者の発語で始まっていた」と述べた。(関連記事「死亡宣告後、死亡した本人から電話?!」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  息子と違う!搬送に付き添った母が処置後に発言

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07523089 有効期限:7月末まで