メニューを開く 検索を開く ログイン

学会が肺がん患者向けガイドブックを初刊行

日本肺癌学会

 2019年12月19日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 第60回日本肺癌学会(12月6~8日)の開催に合わせ、同学会は新たに患者や家族に向けた解説書である『患者さんのための肺がんガイドブック2019年版悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む(以下、ガイドブック)』を刊行した。刊行に至った背景やその経緯、内容について、編集委員長として作成を統括した岐阜市民病院がんセンター長の澤祥幸氏、編集副委員長として編集実務を担った地域医療機能推進機構(JCHO)東京新宿メディカルセンター呼吸器内科医長の清水秀文氏、編集委員として患者の立場から作成に携わった三重肺がん患者の会代表の大西幸次氏に話を伺った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  学会が肺がん患者向けガイドブックを初刊行