メニューを開く 検索を開く ログイン

英国で心房細動"治癒"症例が急増の理由

 2019年12月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英国では2006年以降、家庭医(GP)が診療した心房細動(AF)患者で"治癒"症例が急増していた。しかし、英・University of Birmingham's Institute of Applied Health ResearchのNicola Adderley氏らは、英国立衛生研究所(NIHR)Applied Research Collaboration West Midlandsの助成による研究の結果、こうした急増は診療報酬制度の改定と関連しており、"治癒"と見なされた患者において実際には脳卒中高リスク状態が持続している可能性が示唆されたとBMJ Open(2019; 9: e030454)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  英国で心房細動"治癒"症例が急増の理由

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05523322 有効期限:5月末まで