メニューを開く 検索を開く ログイン

術後の癒着障害に新治療の可能性

癒着形成の分子構造を解明

 2019年12月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 外科手術後には腹膜、臓器、腸管などで癒着が生じるリスクが高い。兵庫医科大学外科学肝・胆・膵外科特別招聘教授の藤元治朗氏らは「手術後癒着に関する分子構造を解明した」とSci Rep(2019; 9: 17558)に発表。全ての臓器・腹膜を覆っている中皮細胞が癒着形成の原因であり、インターロイキン(IL)-6を中心とする分子構造を発見したのは、世界初だという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  術後の癒着障害に新治療の可能性

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05523343 有効期限:5月末まで