メニューを開く 検索を開く ログイン

多発性骨髄腫に3剤併用療法が有効

Kd療法へのダラツムマブ追加で進行遅延

 2019年12月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images designer491 ※画像はイメージです

 再発または難治性の多発性骨髄腫(MM)においてプロテアーゼ阻害薬カルフィルゾミブ(CFZ)+デキサメタゾン(DEX)併用(Kd療法)に抗CD38抗体ダラツムマブ(DAR)を追加する3剤併用療法(KdD療法)をKd療法と比較する第Ⅲ相国際共同非盲検ランダム化比較試験CANDORの結果を米・Levine Cancer Institute-Atrium HealthのSaad Z. Usmani氏らが、第61回米国血液学会(ASH 2019、12月7~10日、オーランド)で発表した。主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)はKd群と比べKdD群で37%低下した。また、レナリドミド(LEN)既治療患者を含むMM患者集団においてKdD療法が効果的な新レジメンであることが支持された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  多発性骨髄腫に3剤併用療法が有効