メニューを開く 検索 ログイン

多発性骨髄腫に3剤併用療法が有効

Kd療法へのダラツムマブ追加で進行遅延

 2019年12月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images designer491 ※画像はイメージです

 再発または難治性の多発性骨髄腫(MM)においてプロテアーゼ阻害薬カルフィルゾミブ(CFZ)+デキサメタゾン(DEX)併用(Kd療法)に抗CD38抗体ダラツムマブ(DAR)を追加する3剤併用療法(KdD療法)をKd療法と比較する第Ⅲ相国際共同非盲検ランダム化比較試験CANDOR※の結果を米・Levi...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

コロナワクチン未接種者への行動制限は許されるか?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  多発性骨髄腫に3剤併用療法が有効