メニューを開く 検索 ログイン

新薬で変わる急性骨髄性白血病治療

開発、承認進む分子標的薬

 2019年12月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia;AML)は、骨髄における白血球細胞の異常増殖により造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少などの症状を呈する致死的な疾患である。AML治療では長らく化学療法の進展が見られなかったが、近年、AMLの発症・進展に関与する遺伝子変異...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

もうすぐ年越し。年末年始の予定は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新薬で変わる急性骨髄性白血病治療

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで