メニューを開く 検索を開く ログイン

新薬で変わる急性骨髄性白血病治療

開発、承認進む分子標的薬

 2019年12月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia;AML)は、骨髄における白血球細胞の異常増殖により造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少などの症状を呈する致死的な疾患である。AML治療では長らく化学療法の進展が見られなかったが、近年、AMLの発症・進展に関与する遺伝子変異が特定されたのに伴い、新たな分子標的薬が相次いで登場している。福井大学血液・腫瘍内科講師の細野奈穂子氏は第40回日本臨床薬理学会(12月4〜6日)で、FLT3阻害薬やIDH阻害薬といった新薬の特徴について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新薬で変わる急性骨髄性白血病治療