メニューを開く 検索 ログイン

新薬で変わる急性骨髄性白血病治療

開発、承認進む分子標的薬

2019年12月25日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia;AML)は、骨髄における白血球細胞の異常増殖により造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少などの症状を呈する致死的な疾患である。AML治療では長らく化学療法の進展が見られなかったが、近年、AMLの発症・進展に関与する遺伝子変異が特定されたのに伴い、新たな分子標的薬が相次いで登場している。福井大学血液・腫瘍内科講師の細野奈穂子氏は第40回日本臨床薬理学会(12月4〜6日)で、FLT3阻害薬やIDH阻害薬といった新薬の特徴について解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  新薬で変わる急性骨髄性白血病治療

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD523344 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外