メニューを開く 検索 ログイン

低用量fenfluramineがてんかん発作を軽減

2019年12月25日 16:30

21名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 低用量fenfluramineは、難治てんかんであるドラベ症候群による痙攣発作頻度を大幅に低減させることが分かった。ベルギー・University of LeuvenのLieven Lagae氏らが、小児および若年成人のドラベ症候群患者を対象に低用量fenfluramineの痙攣発作に対する有効性・安全性を評価する二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)の結果を、Lancet2020; 394: 2243-2254)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  低用量fenfluramineがてんかん発作を軽減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD523368 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外