メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  低用量fenfluramineがてんかん発作を軽減

低用量fenfluramineがてんかん発作を軽減

2019年12月25日 16:30

24名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 低用量fenfluramineは、難治てんかんであるドラベ症候群による痙攣発作頻度を大幅に低減させることが分かった。ベルギー・University of LeuvenのLieven Lagae氏らが、小児および若年成人のドラベ症候群患者を対象に低用量fenfluramineの痙攣発作に対する有効性・安全性を評価する二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)の結果を、Lancet2020; 394: 2243-2254)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  低用量fenfluramineがてんかん発作を軽減