メニューを開く 検索を開く ログイン

ALSと糖尿病を関連付ける分子機序明らかに

 2019年12月25日 16:20
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者は2型糖尿病に罹患しやすい。その機序は長年不明であったが、スウェーデン・Karolinska Institutetの新研究により両疾患を関連付ける分子機序として、患者の血中免疫グロブリン(Ig)G抗体が膵β細胞膜のカルシウム(Ca2+)チャネルを標的とすることで、非生理的Ca2+の流入によりβ細胞が死滅することが示唆された。詳細は同研究所のYue Shi氏らがProc Natl Acad Sci USA(2019年12月9日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暖冬による影響は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ALSと糖尿病を関連付ける分子機序明らかに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523382 有効期限:1月末まで