メニューを開く 検索を開く ログイン

最新予測では花粉飛散量やや多く

秋~初冬における雄花の成育状況を反映

 2019年12月25日 14:10
プッシュ通知を受取る

 スギ・ヒノキ花粉の飛散量は、飛散前年の気象条件と雄花調査の結果を踏まえて予測される。NPO花粉情報協会は12月19日、今年2回目となるスギ・ヒノキ花粉飛散予測セミナーを東京都で開催。同協会理事で気象予報士の村山貢司氏が来年(2020年)のスギ・ヒノキ花粉飛散量に関する予測結果を公表した。今年の秋~初冬に全国各地で実施されたスギ雄花の調査結果を踏まえると、前回のセミナーで今夏の気象条件から予測した飛散量を上回る地域が多くなったという。(関連記事「来年の花粉は"半減"の地域多い」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  最新予測では花粉飛散量やや多く

error in template: found but mtif was expected