メニューを開く 検索を開く ログイン

アトピー性皮膚炎、新たな治療の扉開く

 2019年12月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 わが国のアトピー性皮膚炎(AD)患者は現在、約50万人と推定されている。ADの原因として多いのがダニである。筑波大学生存ダイナミクス研究センター教授の渋谷彰氏らは、ダニによるADの発症メカニズムを解明するため、マウスを用いた検討を実施した。その結果、ダニによるADの発症に関与する原因遺伝子を特定。さらに、ダニの成分に含まれるムチン様分子がADの抑制に働くことを世界で初めて発見したと、Sci Immunol2019; 4. pii: eaax6908)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  アトピー性皮膚炎、新たな治療の扉開く