メニューを開く 検索を開く ログイン

肺癌診療GL2019の改訂ポイントは?

 2019年12月25日 14:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 『肺癌診療ガイドライン(GL)』は2003年に初版が刊行され、重要なエビデンスへの対応を迅速に行うため、2011年以降は毎年ウェブ上で改訂版を公開している。今年(2019年)の改訂では、薬物療法・放射線療法に関する記述が更新され、緩和医療に関するクリニカルクエスチョン(CQ)が新たに作成された。岡山大学病院新医療研究開発センター臨床研究部教授の堀田勝幸氏は、薬物療法の変更点を中心に第60回日本肺癌学会(12月6~8日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナウイルス対策、頼りになるのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  肺癌診療GL2019の改訂ポイントは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523405 有効期限:1月末まで