メニューを開く 検索を開く ログイン

母親の糖尿病が児の早期CVD発症リスクに

 2019年12月26日 16:51
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心血管疾患(CVD)の罹患率は世界中で高い状態が続いており、小児の有病率も上昇している。デンマーク・ Aarhus University HospitalのYongfu Yu氏らは、母親が妊娠前または妊娠中に糖尿病と診断されることと、出生児の早期CVD発症との関連について検討。その結果、糖尿病の母親から出生した児は、小児期から40歳の間にCVDを発症しやすいことが明らかになったと、BMJ2019; 367: l6398)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  母親の糖尿病が児の早期CVD発症リスクに

error in template: found but mtif was expected