メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

「領域横断的がん取扱い規約」作成のポイント

―病理医の立場から

 2019年12月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 今秋(2019年10月)、『領域横断的がん取扱い規約 第1版』(日本癌治療学会/日本病理学会編)が刊行された。これを最も待ち望んでいたのは病理医かもしれない。国内の多くの施設において、がんの病理報告書は臓器別の「癌取扱い規約」に準じて作成されており、27種にも及ぶ規約で表現や記載法が異なることに最も混乱を強いられてきたからだ。第57回日本癌治療学会(10月24~26日)では、領域横断的がん取扱い規約検討委員会委員で国立がん研究センター東病院病理・臨床検査科の渡邊麗子氏が、病理医の立場から同規約作成のポイントについて解説した(関連記事:「『領域横断的がん取扱い規約』第1版が発刊」)。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  「領域横断的がん取扱い規約」作成のポイント