メニューを開く 検索 ログイン

「領域横断的がん取扱い規約」作成のポイント

―病理医の立場から

2019年12月27日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 今秋(2019年10月)、『領域横断的がん取扱い規約 第1版』(日本癌治療学会/日本病理学会編)が刊行された。これを最も待ち望んでいたのは病理医かもしれない。国内の多くの施設において、がんの病理報告書は臓器別の「癌取扱い規約」に準じて作成されており、27種にも及ぶ規約で表現や記載法が異なることに最も混乱を強いられてきたからだ。第57回日本癌治療学会(10月24~26日)では、領域横断的がん取扱い規約検討委員会委員で国立がん研究センター東病院病理・臨床検査科の渡邊麗子氏が、病理医の立場から同規約作成のポイントについて解説した(関連記事:「『領域横断的がん取扱い規約』第1版が発刊」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  「領域横断的がん取扱い規約」作成のポイント