メニューを開く 検索を開く ログイン

3剤目のJAK阻害薬、長期試験で忍容性

ペフィシチニブ中間解析

 2020年01月06日 18:09
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2019年)、関節リウマチ(RA)に対する3剤目のJAK阻害薬ペフィシチニブが承認された。産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏らは、日本・韓国・台湾で行われた同薬の長期継続投与試験RAJ2の中間解析を実施。その結果、RA患者に対するペフィシチニブの長期投与による忍容性が認められたと第34回日本臨床リウマチ学会(2019年11月30日~12月1日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  3剤目のJAK阻害薬、長期試験で忍容性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04523816 有効期限:4月末まで