メニューを開く 検索を開く ログイン

抗血栓薬服用患者における転倒・転落には要注意!

 2020年01月07日 05:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 転倒・転落による頭部外傷の危険性を高齢者、特に抗血栓薬を服用中の患者に理解してもらうとともに、その適切な対応を医療関係者に啓発する「"Think FAST※1" campaign」が、日本脳神経外科学会、日本救急医学会など関連5学会1団体の後援の下に進められている。11月16日に東京都で開催された同キャンペーン実行委員会による市民公開講座※2では、200人の募集枠に対し1,600人を超える応募があり、一般市民の関心の高さがうかがえた。

 本稿では同キャンペーン実行委員会委員長で山口大学大学院脳神経外科教授の鈴木倫保氏へのインタビュー、同市民公開講座における九州医療センター脳血管センター部長の矢坂正弘氏の講演、両氏と日本医科大学大学院救急医学分野教授の横田裕行氏らによって行われたパネルディスカッションの概要を紹介する。

191204wfb_pho1.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  抗血栓薬服用患者における転倒・転落には要注意!