メニューを開く 検索

EGFR-TKIが微小環境に及ぼす影響とは

2020年01月08日 05:00

 進行非小細胞肺がん(NSCLC)の予後は上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)と免疫チェックポイント(CP)阻害薬の登場により大きく改善し、免疫CP阻害薬の効果予測因子として腫瘍細胞中のPD-L1発現率(Tumor Proportion Score;TPS)や腫瘍遺伝子変異量(Tumor Mutation Burden;TMB)などの腫瘍微小環境が注目されている。しかし、EGFR-TKIが腫瘍微小環境に及ぼす影響は十分に検討されていない。近畿大学病院腫瘍内科の磯本晃佑氏は、EGFR-TKI投与患者における腫瘍微小環境の変化とその後の免疫CP阻害薬の効果を検討し、第60回日本肺癌学会(2019年12月6~8日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  EGFR-TKIが微小環境に及ぼす影響とは