メニューを開く 検索を開く ログイン

父親の殺虫剤への曝露が児の男女比に影響

 2020年01月08日 17:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 妊婦の化学物質への曝露は、出生児にさまざまな影響を及ぼしうる。「子供の健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」では、これまでに妊娠中の内装工事と出生男児における外性器の異常との関連を報告している(関連記事「妊娠中のリフォームが児のリスクに」)。今回、兵庫医科大学公衆衛生学主任教授の島正之氏らは、同調査のデータを用いて、父親の職業上の化学物質への曝露と出生児の性比との関連を解析。その結果、父親がパートナーの妊娠前に仕事で週1回以上、殺虫剤を使用していると、出生児全体に占める男児の割合が低くなることが分かったと、Lancet Planet Health2019; 3: e529-e538)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  父親の殺虫剤への曝露が児の男女比に影響