メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

"びっくり離職"を防ぐのは、医師の役割

就労支援を含めた新たな視点で肺がんのマネジメントを

 2020年01月08日 16:50
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 肺がんの薬物治療は、近年、選択肢が豊富となり、患者の予後も以前と比べ良好になってきた。その結果、患者が治療を継続しながらどのように社会と関わっていくかが新たな問題として浮上している。神奈川県立循環器呼吸病センター呼吸器内科医長の池田慧氏は第60回日本肺癌学会(2019年12月6~8日)で、肺がん患者が治療と仕事を両立するために医師が介入すべき3つのタイミングおよびポイントについて提案。特に"びっくり離職"防止の重要性を強調し、肺がん治療に携わる医師は、就労支援を含めた新たな視点から肺がんのマネジメントを考える必要があると訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  "びっくり離職"を防ぐのは、医師の役割

error in template: found but mtif was expected