メニューを開く 検索を開く ログイン

急性心筋梗塞の予後予測にGNRIが有用

 2020年01月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©Getty images

 急性心筋梗塞(AMI)の治療においては、緊急経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の普及や薬物療法の進歩、循環補助装置の改良などにより初期救命率が改善している一方で、救命後の長期予後は依然不良である。福島県立医科大学循環器内科学講座の安藤卓也氏らは、AMI患者を対象にGNRI(geriatric nutritional risk index:高齢者栄養リスク指数)およびPNI(prognostic nutritional index:予後栄養指数)で評価した栄養状態と長期予後との関連を検討。その結果、両指標での評価に基づく低栄養はAMI患者の独立した予後不良因子であり、PNIと比べGNRIが予後予測能に優れていたとEur J Prev cardiol2019年10月15日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本の緊急事態宣言の効果は?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  急性心筋梗塞の予後予測にGNRIが有用

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04523849 有効期限:4月末まで