メニューを開く 検索を開く ログイン

不安障害への認知行動療法に細胞保護効果も

 2020年01月09日 17:55
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

 社交不安障害(SAD)患者に対する認知行動療法(CBT)は、不安症状の緩和に有用なだけでなく細胞老化の加速に対する保護効果も有する可能性が示唆された。スウェーデン・Karolinska InstitutetのKristoffer Månsson氏らがTransl Psychiatry(2019; 9: 340)に報告。筆頭研究者の同氏は「細胞老化と精神障害治療の関連について理解を深める第一歩だ」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暖冬による影響は?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  不安障害への認知行動療法に細胞保護効果も

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523850 有効期限:1月末まで