メニューを開く 検索 ログイン

片頭痛の発作日数を半分に

galcanezumab日本人対象第2相試験

2020年01月09日 18:00

6名の医師が参考になったと回答 

 カルシトニン遺伝子関連ペプチドを標的としたヒト化モノクローナル抗体galcanezumabは皮下注射による片頭痛の予防薬で、海外では既に臨床導入されている。日本イーライリリー研究開発本部の久我敦氏は、第47回日本頭痛学会(2019年11月15~16日)で日本人を対象とする第Ⅱ相試験の結果を報告した。galcanezumabは1カ月当たりの片頭痛の発作日数を約3日減らすことができ、日本人においてもと海外と同等の有効性が期待できるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  片頭痛の発作日数を半分に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD523858 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外