メニューを開く 検索を開く ログイン

片頭痛の発作日数を半分に

galcanezumab日本人対象第2相試験

 2020年01月09日 18:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 カルシトニン遺伝子関連ペプチドを標的としたヒト化モノクローナル抗体galcanezumabは皮下注射による片頭痛の予防薬で、海外では既に臨床導入されている。日本イーライリリー研究開発本部の久我敦氏は、第47回日本頭痛学会(2019年11月15~16日)で日本人を対象とする第Ⅱ相試験の結果を報告した。galcanezumabは1カ月当たりの片頭痛の発作日数を約3日減らすことができ、日本人においてもと海外と同等の有効性が期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  片頭痛の発作日数を半分に