メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

新たな自己炎症性疾患発見

切断不可RIPK1起因自己炎症(CRIA)症候群

 2020年01月10日 18:00
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Zinkevych ※画像はイメージです

 米国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)などの研究チームが、カスパーゼによる切断を妨げるRIPK1遺伝子の変異が原因で発熱やリンパ節腫脹などを引き起こす新たな自己炎症性疾患を発見し、「切断不可RIPK1起因自己炎症(cleavage-resistant RIPK1-induced autoinflammatory;CRIA)症候群」と命名した。オーストラリア・Walter and Eliza Hall Institute(WEHI)のNajoua Lalaoui氏らが、詳細をNature(2020; 577: 103-108)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  新たな自己炎症性疾患発見