メニューを開く 検索を開く ログイン

卵巣がんの新たな治療標的を発見

IL-34の発現が、がんの進行に寄与

 2020年01月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 死亡率が高く、予後不良とされる卵巣がん。日本では、罹患者数が増えている。北海道大学遺伝子病制御研究所免疫生物分野教授の清野研一郎氏、羽馬直希氏らの研究グループは、ヒトの卵巣がん病巣およびマウスを用いた検討を実施。がん病巣におけるインターロイキン(IL)-34の発現が、がんの進行度と相関する他、腫瘍内で免疫の抑制に寄与することなどを明らかにし、Int Immunol2019年12月23日オンライン版)に発表した。今回の発見により、IL-34が卵巣がん治療において新たな標的となる可能性が期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  卵巣がんの新たな治療標的を発見

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03523822 有効期限:3月末まで