メニューを開く 検索を開く ログイン

卵巣がんの新たな治療標的を発見

IL-34の発現が、がんの進行に寄与

 2020年01月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 死亡率が高く、予後不良とされる卵巣がん。日本では、罹患者数が増えている。北海道大学遺伝子病制御研究所免疫生物分野教授の清野研一郎氏、羽馬直希氏らの研究グループは、ヒトの卵巣がん病巣およびマウスを用いた検討を実施。がん病巣におけるインターロイキン(IL)-34の発現が、がんの進行度と相関する他、腫瘍内で免疫の抑制に寄与することなどを明らかにし、Int Immunol2019年12月23日オンライン版)に発表した。今回の発見により、IL-34が卵巣がん治療において新たな標的となる可能性が期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  卵巣がんの新たな治療標的を発見

error in template: found but mtif was expected