メニューを開く 検索を開く ログイン
asn2019

エキスパートが見た米国腎臓学会2019・後編

久留米大学教授・深水圭氏が注目の臨床試験を概説

 2020年01月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 2019年11月5〜10日にワシントンD.C.で開催された米国腎臓学会腎臓週間(ASN Kidney Week 2019)。Medical Tribuneは、同学術集会に毎年参加している深水圭氏(久留米大学内科学講座腎臓内科部門主任教授)に今回関心を持った発表について概説してもらうとともに、その研究の意義や結果がもたらされた背景、今後の腎臓病治療への影響などについて考察をお願いした。今回はSGLT2阻害薬カナグリフロジンの大規模臨床試験CREDENCEのサブグループ解析を取り上げる。(前編はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナウイルス対策、頼りになるのは?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  エキスパートが見た米国腎臓学会2019・後編

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523806 有効期限:1月末まで