メニューを開く 検索を開く ログイン

嚥下訓練の遠隔モニタリング装置を開発

地方在住・低収入の患者もリハビリが可能に

 2020年01月14日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©Jared Pike/Purdue University

 これまで嚥下障害の訓練には大型で高価な装置を用い、週2~3回通院する必要があったため、地方に住む患者や低収入の患者が訓練を受けることは困難であった。そこで米・Purdue UniversityのMin Ku Kim氏らは、嚥下障害者が訓練を安価に受けやすくするため、嚥下の遠隔リハビリテーション用ウエアラブルモニタリング装置を開発したと、Sci Adv2019; 5: eaay3210)に発表した。共同研究者で同大学のGeorgia A. Malandraki氏とChi Hwan Lee氏はCurasis LLC社を設立し、今回開発したウェラブル技術の商品化を進めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  耳鼻咽喉 »  嚥下訓練の遠隔モニタリング装置を開発