メニューを開く 検索を開く ログイン

中国・武漢の原因不明の肺炎、61歳男性死亡...初の死者か〔読売新聞〕

 2020年01月14日 11:21
プッシュ通知を受取る

【北京=中川孝之】中国の湖北省武漢市で原因不明の肺炎が多発している問題で、武漢市は11日、1人の患者が死亡したと発表した。初の死亡例とみられる。

 61歳の男性で9日に死亡したという。中国の専門家チームはこの男性を含む複数の肺炎患者から、病原体と推定される新型のコロナウイルスを検出している。

 また、武漢市は10日現在、7人が重症だとしている。

(2019年1月14日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暖冬による影響は?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  中国・武漢の原因不明の肺炎、61歳男性死亡...初の死者か〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523885 有効期限:1月末まで