メニューを開く 検索を開く ログイン

ケモラジによる腫瘍免疫微小環境の変化

 2020年01月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 PACIFIC試験では、切除不能・局所進行性のⅢ期非小細胞肺がん(NSCLC)に対する地固め療法として抗PD-L1抗体デュルバルマブの有効性と安全性が検証され、全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)を有意に延長したことから新たな標準治療となった。根治的化学放射線療法後に抗PD-L1抗体で地固め療法を行う理論的根拠としては、放射線による抗腫瘍免疫反応とそれに伴う腫瘍細胞のPD-L1発現増強がある。産業医科大学第2外科学学内講師の米田和恵氏は、化学放射線療法後の腫瘍免疫微小環境の変化について検討し、第60回日本肺癌学会(2019年12月6~8日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  ケモラジによる腫瘍免疫微小環境の変化