メニューを開く 検索 ログイン

健康的な睡眠でCVD高リスク者の発症率低下

2020年01月16日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images

 米・Tulane UniversityのMengyu Fan氏らは、英・UK Biobank登録者38万例超を対象に心血管疾患(CVD)の遺伝的リスクおよび睡眠パターンとCVD発症リスクとの関連を検討。その結果、CVDの遺伝的リスクが高くても、睡眠パターンが健康的であればCVD発症リスクは低下する可能性があるとEur Heart J2019年12月18日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  健康的な睡眠でCVD高リスク者の発症率低下

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで