メニューを開く 検索を開く ログイン

人工心臓装着患者の終末期医療に法的担保を

治療中止の可否に指針がない日本

 2020年01月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 左室補助人工心臓(LVAD)装着患者において、終末期をいかに迎えるかという議論は避けられないが、日本ではこの問題に関する法整備が遅れている。富山大学第二内科教授の絹川弘一郎氏は、LVAD装着患者に対する治療中止の可否について論じ、終末期を迎える前に医療者と患者、その家族や代理判断者などが話し合い、結論を出しておくべきであり、そうした取り決めを法的に担保する必要があると第23回日本心不全学会(2019年10月4~6日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナウイルス肺炎で今、一番知りたいことは?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  人工心臓装着患者の終末期医療に法的担保を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523879 有効期限:1月末まで