メニューを開く 検索を開く ログイン

人工心臓装着患者の終末期医療に法的担保を

治療中止の可否に指針がない日本

 2020年01月16日 05:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 左室補助人工心臓(LVAD)装着患者において、終末期をいかに迎えるかという議論は避けられないが、日本ではこの問題に関する法整備が遅れている。富山大学第二内科教授の絹川弘一郎氏は、LVAD装着患者に対する治療中止の可否について論じ、終末期を迎える前に医療者と患者、その家族や代理判断者などが話し合い、結論を出しておくべきであり、そうした取り決めを法的に担保する必要があると第23回日本心不全学会(2019年10月4~6日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  人工心臓装着患者の終末期医療に法的担保を

error in template: found but mtif was expected