メニューを開く 検索を開く ログイン

中国・武漢の肺炎、人から人へ感染可能性...夫婦で発症を確認〔読売新聞〕

 2020年01月16日 15:58
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 【上海=南部さやか】中国湖北省武漢市で多発している原因不明の肺炎について、市政府は15日、「人から人へ感染する可能性は排除できない」との見解を明らかにした。患者が多数出ている卸売市場勤務の夫と、市場に行ったことのない妻の発症例が確認されたという。

 市政府によると、15日までに患者41人から新型のコロナウイルスが検出されている。このうち61歳の男性患者が9日に死亡し、6人が重症という。

 患者の多くは市中心部の「華南海鮮卸売市場」の関係者だった。市政府は「人から人へ感染する明確な証拠はないが、今のところリスクは比較的低い」としている。

 12日には、タイで武漢市から来た60歳代女性の感染が中国国外で初めて確認されており、市政府は調査を続けている。

(2019年1月16日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

第201通常国会が召集。今国会の焦点は

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  中国・武漢の肺炎、人から人へ感染可能性...夫婦で発症を確認〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P01523918 有効期限:1月末まで