メニューを開く 検索を開く ログイン

世界初、肺がん免疫療法の血清バイオマーカー

日本発、一般検査薬としての開発が進む

 2020年01月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 非小細胞肺がん(NSCLC)に対する免疫チェックポイント阻害薬は、一部の有効な患者では長く効くのが利点とされるが、高額であることに加え効果のない患者が多くいることが社会的かつ医学的な問題となっている。そのため、有効な患者を事前に予測するバイオマーカーを探索する研究が世界中で行われているものの、いまだ確立されていない。川崎医科大学免疫腫瘍学教室特任教授の岡三喜男氏は、第60回日本肺癌学会(2019年12月6~8日)で自身らが開発している肺がん免疫療法の効果予測を可能とする世界初、日本発の血清バイオマーカーについて概説。このバイオマーカーは非侵襲的、簡便、安価、かつ迅速に繰り返し検査ができ、現在、一般検査用として開発を進めていることを報告した(J Thorac Oncol 2019; 14: 2071-2083)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染の風評被害、対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  世界初、肺がん免疫療法の血清バイオマーカー

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02523883 有効期限:2月末まで