メニューを開く 検索を開く ログイン

若年者はたった一晩の徹夜で認知症リスク増

 2020年01月17日 17:42
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images

 タウ蛋白質の増加はアルツハイマー型認知症のバイオマーカーとして知られている。今回新たな研究によって、たった一晩でも睡眠を取らなければ、健康な若年男性であってもタウ蛋白質の血中濃度が上昇することが分かった。スウェーデン・Uppsala UniversityのChristian Benedict氏らがNeurology2020年1月8日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  若年者はたった一晩の徹夜で認知症リスク増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04523923 有効期限:4月末まで