メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  病的引きこもりの新定義を提案

病的引きこもりの新定義を提案

精神衛生面からアプローチ

2020年01月20日 17:50

50名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本では自宅に半年以上閉じこもっている引きこもりが100万人超存在するとみられ、支援策が急務となっている。また、引きこもり問題は世界中で顕在化しつつあり、病的な引きこもり(pathological social withdrawal)の定義を確立すべき時期に来ているとして、九州大学病院精神科神経科の加藤隆弘氏、神庭重信氏らが、引きこもりの新たな定義と診断基準を提案、World Psychiatry2020; 19: 116-117)に発表した。引きこもりや社会的隔離はさまざまな精神疾患と併存する傾向にあり、引きこもりを健康問題として扱うことの重要性を強調している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  病的引きこもりの新定義を提案