メニューを開く 検索を開く ログイン

病的引きこもりの新定義を提案

精神衛生面からアプローチ

 2020年01月20日 17:50
プッシュ通知を受取る

49名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本では自宅に半年以上閉じこもっている引きこもりが100万人超存在するとみられ、支援策が急務となっている。また、引きこもり問題は世界中で顕在化しつつあり、病的な引きこもり(pathological social withdrawal)の定義を確立すべき時期に来ているとして、九州大学病院精神科神経科の加藤隆弘氏、神庭重信氏らが、引きこもりの新たな定義と診断基準を提案、World Psychiatry2020; 19: 116-117)に発表した。引きこもりや社会的隔離はさまざまな精神疾患と併存する傾向にあり、引きこもりを健康問題として扱うことの重要性を強調している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  病的引きこもりの新定義を提案