メニューを開く 検索を開く ログイン

マスギャザリングの感染リスクは予防できるか?

 2020年01月21日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 東京オリンピック・パラリンピックが開かれる今年(2020年)は海外から4000万人以上の来訪者が見込まれている。こういった状況はマスギャザリング(集団形成:MGs)と呼ばれるが、国立病院機構三重病院小児科/臨床研究部部長の谷口清州氏は第23回日本ワクチン学会(2019年11月30~12月1日)で、マスギャザリングがもたらす感染症リスクについて過去の事例を紹介するとともに、対応策としてのワクチン接種の重要性について解説した。〔関連記事:どうする? 2020東京五輪の感染症対策

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本医師会幹部、都市封鎖を示唆。

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  マスギャザリングの感染リスクは予防できるか?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03523942 有効期限:3月末まで