メニューを開く 検索を開く ログイン

マスギャザリングの感染リスクは予防できるか?

 2020年01月21日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 東京オリンピック・パラリンピックが開かれる今年(2020年)は海外から4000万人以上の来訪者が見込まれている。こういった状況はマスギャザリング(集団形成:MGs)と呼ばれるが、国立病院機構三重病院小児科/臨床研究部部長の谷口清州氏は第23回日本ワクチン学会(2019年11月30~12月1日)で、マスギャザリングがもたらす感染症リスクについて過去の事例を紹介するとともに、対応策としてのワクチン接種の重要性について解説した。〔関連記事:どうする? 2020東京五輪の感染症対策

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  マスギャザリングの感染リスクは予防できるか?