メニューを開く 検索を開く ログイン

小児の末梢挿入カテーテルで血栓リスク増加

 2020年01月21日 18:20
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Children's Hospital Los AngelesのJulie Jaffray氏らは、小児の中心静脈カテーテル(CVC)留置における血管アクセス法の違いにより合併症リスクを比較した初の多施設プロスペクティブ観察研究CIRCLEを実施。末梢挿入型中心静脈カテーテル(PICC)は、トンネル型CVCと比べ静脈血栓塞栓症(VTE)、CVC関連血流感染症(CLABSI)、カテーテル機能不全の有意な増加と関連していることを明らかにした。詳細はBlood(2020; 135: 220-226)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  小児の末梢挿入カテーテルで血栓リスク増加

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03523958 有効期限:3月末まで